コーヒーのおいしい話。

コーヒーに関するちょっと深くてイイ話。

コーヒーのレビュー

「3層アイスカフェオレ」の作り方 | 自宅で簡単にお店のメニューを再現

投稿日:2018年5月31日 更新日:

暑い季節に楽しみたいのが

ほどよく冷えたアイスカフェオレ。

 

ブラックのアイスコーヒーをミルクで割れば出来上がりですが、

ちょっと一工夫するだけで、

お店で出てくるような見た目のインパクトがある

デザート感のあるアイスドリンクに

誰でも仕上げることができます。

 

3つの層がキレイな写真映えするアイスカフェオレに

自宅でチャレンジしてみましょう!

 

3層アイスカフェオレを作る3つのポイント

キレイな層を作るためには

材料同士が混ざることを

防ぐ必要があります。

 

次の3つのポイントに気をつければ、

キレイな3層を作ることができますよ!

 

1.重いモノから入れる

比重の重いモノから入れることで材料の状態を安定させ、

材料が動くことを抑制します。

 

今回の場合、

 

液状ミルク

アイスコーヒー

フォームミルク

ココアパウダー

 

と順番に投入していくことで、

キレイな層を形成していきます。

 

2.アイスコーヒーを氷に当てる

今回の材料のなかでもっとも混じりやすいのが、

液状ミルクとアイスコーヒーです。

 

アイスコーヒーをそのまま液状ミルクに注いでしまうと

過度の流れが発生し混じり合い、

キレイな層になりません。

 

アイスコーヒーを液状ミルクよりも上部にある氷に当てながら

慎重に注ぐことで混ざることを抑えることができます。

うまくアイスコーヒーを注ぐことができれば

液状ミルクとアイスコーヒーの層ができます。

 

3.手早く作る

液状ミルクとアイスコーヒーは液体のため混じりやすく、

時間が経つほど溶け合っていきます。

 

また氷が溶けることによって発生した水も仕上がりに影響してくるので

なるべく手際よく作業して材料同士の干渉を最小限に留めましょう。

 

3層アイスカフェオレの材料

  • 液状ミルク
  • アイスコーヒー
  • フォームミルク (泡だてた牛乳)

 

今回は、白黒白 に別れたキレイな3層を目指します。

 

それでは下記の材料を用意しましょう。

 

1.アイスコーヒー

冷たいブラックコーヒーを用意します。

 

レギュラーコーヒー、もしくはインスタントコーヒーでもOKです。

 

今回はお手軽に大容量のアイスコーヒーを用意できる

HARIO 水出し珈琲ポットを使用しました。

 

おいしい水出しコーヒーの作り方 | HARIO (ハリオ) 水出し珈琲ポット

温かいレギュラーコーヒーも美味しいですが、 暑い季節に味わう冷たいアイスコーヒーは格別です。   夏を彩るドリ ...

 

2.ミルク

今回は成分無調整の牛乳を用意しました。

 

牛乳から、

 

  • 液状ミルク
  • 泡状のフォームミルク

 

の2 つを作ります。

 

フォームミルクは、

エスプレッソマシンのスチーム機能でも作れますが、

今回はお手軽な電動ミルクフォーマーの

HARIO ミルク 泡立て器 クリーマーキュートを使用しました。

 

ミルク泡立て器 (HARIO (ハリオ)) でウインナーコーヒーを作ろう | ラテアートにもオススメ

みなさん、フォームミルク(フォームドミルク)はご存じですか?   コーヒー好きの方なら、もうおわかりですよね。 ...

 

3.砂糖

今回はアイスコーヒーと馴染みのよい

液状のガムシロップを用意しました。

 

4.氷

アイスコーヒーを氷にあてながら注ぐので

ある程度の大きさのある氷を用意します。

 

5.ココアパウダー

フォームミルクの上にアクセントとして添える

ココアパウダーを用意します。

 

6.透明なグラス

分離した層をキレイにみせるため、

透明なグラスを用意しましょう。

 

今回は高温の材料は扱いませんので

耐熱ガラス製ではない一般のグラスでも構いません。

 

 

3層アイスカフェオレの作り方

先に挙げた3つのポイントに留意しながら

それでは早速作っていきましょう!

 

1.フォームミルク、液状ミルクを作る

 

牛乳から泡状のフォームミルクを作ります。

 

電動ミルクフォーマーを使用しまし、

温めた牛乳にガムシロップを混ぜ撹拌 (かくはん) します。

 

フワフワのフォームミルクができあがりました。

泡になっていない牛乳は液状ミルクとして使用します。

 

2.グラスに氷を入れる

 

グラスに氷を入れていきます。

 

グラス容量の半分以上の高さまで入れ、

次に投入する液状ミルクより氷が高くなるようにします。

 

3.液状ミルクを入れる

 

1で作った液状ミルクだけを入れていきます。

 

ミルクピッチャーからフォームミルクが流れ出さないように

スプーンなどで押さえながら注いでいきます。

 

分量は氷がのぞいているぐらいの高さにとどめます。

 

4.アイスコーヒーを入れる

 

今回の3層アイスカフェオレの最重要ポイントです。

 

無造作に入れると液状ミルクと混じってしまい

キレイな層を作ることができません。

 

液状ミルクの上に顔を出している氷に当てながら

静かに慎重に注いでください。

 

注ぐに従い氷が浮いてきて不安定になるかと思いますが

なるべく氷に当てるように心がけます。

 

分量は次に投入するフォームミルクの層の厚さを勘案しながら

調整しましょう。

 

5.フォームミルクを入れる

 

しっかりと泡立てたキメの細かいフォームミルクを

スプーン等ですくってアイスコーヒーの上にのせていきます。

 

キメが細かい固めのフォームミルクほどアイスコーヒーと混じりにくく、

真っ白でキレイな層を形成できます。

 

分量はグラスのフチ付近を目安にするとよいでしょう。

 

6.ココアパウダーを振りかける

 

フォームミルクの上に、

お好みの分量のココアパウダーを振りかけます。

 

シナモンパウダーやキャラメルシロップなど

気分にあわせてフレーバーを変えてみるのもよいでしょう。

 

7.3層アイスカフェオレの完成!

 

さあ、見た目に楽しい3層アイスカフェオレが

ついにできあがりました!

 

意外と簡単に作れてしまったと思いませんか?

 

さらにアレンジしてフォームミルクの上に

ホイップクリームとナッツをのせたり、

バニラアイスを浮かべたりすれば、

よりデザート感がアップしたステキなアイスドリンクになるので

試してみてください!

 

まとめ

パッと見は敷居が高そうに見える

デザート系のアイスドリンクですが、

ちょっとしたポイントに気をつけさえすれば

自宅でも簡単に再現できてしまいます。

 

自分で作れば味や材料も自由にアレンジできますし、

お気に入りの器を使えるのも嬉しいポイントです。

 

ぜひこの夏はご自分の手で

見た目も味わいもスペシャルなドリンク作りに

チャレンジしてみてください!

おすすめ記事

1

暑い季節に楽しみたいのがアイスコーヒー。   うだるような天候のときには、 できればお手軽に楽しみたいですよね ...

2

    痩せていても危険!? 隠れ高血糖の罠     太ったわけでもないのに、 ...

3

朝の1杯をコレにするだけで、 驚きのダイエット効果が得られると シリコンバレーのIT企業家やセレブのあいだで話題となり ...

-コーヒーのレビュー

Copyright© コーヒーのおいしい話。 , 2018 All Rights Reserved.