コーヒーのおいしい話。

コーヒーに関するちょっと深くてイイ話。

コーヒーのレビュー

【食後に飲むだけ】トクホのフィットライフコーヒーでおいしい血糖値対策

投稿日:2018年5月16日 更新日:

体型は関係ない?実は多い「隠れ高血糖」

太ったわけでもないのに、

血糖値が高いことが突然判明した・・・

 

健康診断や定期健診で、

こんな経験をした方はいませんか。

 

高血糖という単語から、

 

太っている人がなるもの?

 

というイメージを持ってしまいがちです。

 

しかし、現代の食生活に溢れている、

パスタ・パン・スイーツ・・・。

 

これらを好む人は、

"隠れ高血糖"

の可能性があるのです。

 

厚生労働省の平成28年度国民健康・栄養調査によると、

 

"糖尿病の可能性が強く疑われる者・糖尿病の可能性を否定できない者"

約 2,000 万人

 

日本人の 5 人に 1 人が、

糖尿病・高血糖の危険に晒されているのです。

 

 

高血糖の人が見直すべきものはやはり「食生活」だった!

高血糖の原因

  • 加齢
  • 家族歴(遺伝要因)
  • 肥満
  • 身体的活動の低下(運動不足)
  • 耐糖能異常

 

加齢や遺伝は防ぎようがありません。

 

そのため、高血糖の対策をするには、

 

日々の食生活を見直し、

適度な運動を取り入れるのが一番の近道です!!

 

と言うのは簡単ですが・・・、

 

そんなことわかってるけど時間がない!

好きなモノを辞めることなんて難しい!

 

と思う人がほとんどなのではないでしょうか。

 

また最近では、

スーパー・コンビニ・ネット通販で、

何でも買えてしまいます。

おいしいものを見つけると、

ついつい購入してしまいますよね・・・。

 

自覚症状がないからといって油断していると、

高血糖の悪化から糖尿病になってしまい、

恐ろしい合併症で苦しむことだって心配されます。

 

別に太っていないから、

まだそんな年齢じゃないから、

 

と油断せずに、

健康なうちから血糖値対策をしておきたいですよね!

 

 

コーヒーを食後に飲むだけで糖の吸収スピードを抑えることができる!

「飲むだけで血糖値対策ができる」

フィットライフコーヒー

という魔法のコーヒーがあることをご存知ですか。

 

フィットライフコーヒーは、

消費者庁許可の特定保健用食品で、

いわゆるトクホと呼ばれているものになります。

 

15年以上の長期間多くの方に飲まれ続けており、

累計で 1 億杯以上もの販売実績があります。

 

飲み方は簡単!!

お湯に溶かして飲むだけの、

インスタントコーヒー形式です。

 

職場や旅行先など、

どこにいても血糖値対策ができます。

 

こういった健康食品はどうしても味が悪くなりがちです・・・。

しかし、フィットライフコーヒーは味にも非常にこだわりがあり、

癖がなく、マイルドな飲み口で、

普通のコーヒーと遜色ないおいしさが人気の理由となっています。

 

何かを我慢する必要がなく、

普段通りの食事の後に一杯のコーヒーを飲むだけなら

めんどくさがりなあなたも、

食事制限がどうも苦手なあなたも、

血糖値対策を続けることができるのではないでしょうか。

 

 

フィットライフコーヒーで高血糖対策できる理由

とうもろこしの食物繊維成分を抽出した、

水溶性の食物繊維である "難消化性デキストリン" という健康素材が含まれており、

これがでんぷんの消化過程で生成される、

麦芽糖の消化を抑制する効果を持っております。

 

特殊な食物繊維のおかげで、

血糖値の上昇を穏やかにしてくれるのです

 

 

この難消化性デキストリンには香りや味がついておらず、

これが風味を損なうことなく、

おいしいコーヒーに仕上がっている秘訣なのです。

 

フィットライフコーヒーの効果は?

アンパンを食べる臨床試験において、

食後30分後に血糖値を測定したところ、

通常のコーヒーと比較して、

約15%程度血糖値の上昇を抑えられたという結果がでました。

 

あくまでも薬ではないので

 

劇的に血糖値が下がる!

 

というほどの効果はありませんが、

毎日の積み重ねによって、

安全に少しずつ血糖値が改善されることが期待できますね!

 

 

まとめ

健康にいいものを摂りはじめたからといって、

すぐに絶大な効果が出るものはなかなかありませんよね。

 

また、食生活には好みの問題があるため、

血糖値に気をつけなければいけない

と、分かってはいるものの大きな変化は付けにくいものです。

 

だからこそ、

少しだけ糖質を抑えてみる、

少しだけ健康なものを摂取するように心がける

など、無理なく長く続けられる

「小さな変化」

を継続していくことが大事なのではないでしょうか。

 

コーヒーが好きな方はもちろんのこと、

今までコーヒーを飲む習慣がなかった人も、

これを機に一日一杯、

ゆったり休憩しながらの血糖値対策を始めてみてはいかがでしょうか。

 

ポリフェノールが豊富に含まれていたり、

香りよるリラックス効果があったり、

血糖値の改善だけではない、

様々なメリットもあります。

 

今ならWEB限定で、

60杯分が 50 % OFF で購入できるキャンペーンも開催されています!

 

 

フィットライフコーヒーで、

おいしく無理なく、

血糖値対策を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

【レビュー】コーヒー好きがフィットライフコーヒーを飲んでみました!

安全、安心な上に健康にも配慮されていると消費者庁からお墨付きを得ているのがトクホ。

 

トクホ商品というだけでなんとなくプラスアルファ感があって

お得に感じてしまうのは筆者だけでしょうか?

 

そんな単純な思考回路だけれど、

普段はレギュラーコーヒーを楽しむコーヒー好きの視点から

フィットライフコーヒーがどのようなアイテムなのかを

レビューしてみたいと思います!

 

 

アルミのパッケージには1杯分の8.5gの粉末が封入されています。

 

 

アルミのパッケージを開封してみると、

コーヒー粉と白っぽい顆粒がミックスされた状態になっているのがわかります。

 

コーヒー粉は通常のコーヒーですのでカフェインを含有しています。

白っぽい顆粒が血糖値に作用する食物繊維の成分のようです。

 

 

カップに粉を入れます。

 

 

お湯を投入します。

一包に対して100ccのお湯で溶かすことが推奨されています。

 

 

お湯を投入したら、

マドラーやスプーンなどでよくかき混ぜて

出来上がりです!

 

100ccなので食事と一緒に摂取するには、

ちょうどよい分量に感じます。

 

白い顆粒が色に影響することはなく、

ブラックコーヒーの色をしています。

 

まずは香りです。

インスタント粉なのでさほど強くはありませんが、

コーヒーの香りが確かに漂います。

 

ハーブなどが混じったような匂いはせず、

白い顆粒の影響は感じません。

 

 

さあ、それでは飲んでみます。

 

スッと一口含むと、

あっ、軽い!

 

とても飲みやすい風味です。

酸味はなく、口当たりの良い軽やかな苦みが広がります。

 

粉の分量に対して少なめのお湯の分量に感じたので、

濃いのかな?と想定していましたが、

ちょうどよい濃度で非常に飲みやすく、

スイスイと飲めてしまいます。

 

食事と一緒に摂取することを想定されているからか、

まったく食べているものを邪魔しない仕上がりになっています。

 

飲んだ後に若干の甘みを感じるのは、

配合された食物繊維のでんぷんのせいかもしれませんが、

ハーブのような風味やえぐみはまったくありません。

 

本当に飲みやすいので、

あっという間に100ccを飲み干してしまいました!

 

飲んでみた感想ですが、

強い酸味や苦みが胃を刺激するということもないので、

コーヒーが苦手という方も美味しくいただけるのではないでしょうか?

 

また血糖値の上昇をおさえてくれるとのことなので、

スイーツなどの甘い物を楽しみたいときに

フィットライフコーヒーを用意すれば

スイーツの甘さを際立たせながら健康的にいただけるので、

まさに一石二鳥!

 

食物繊維がとれるという点では、

野菜が不足しているメニューに

フィットライフコーヒーを加えることで

より健康に配慮した食事となりそうです。

 

インスタントコーヒーのようにお湯を注ぐだけでお手軽に用意できるので、

食事の準備で忙しいときにも負担にならないのは嬉しいところ。

 

食事と一緒に楽しむ飲み物としては

高パフォーマンスのアイテムだと感じました。

 

血糖値が気になる方や甘い物が大好きな方、

レギュラーコーヒーの苦みや酸味が苦手な方に

ぜひ試していただきたい逸品です!

 

 

フィットライフコーヒーの評判

おすすめ記事

1

母の日プレゼントにコーヒーはどうでしょうか?アイスでもホットでも美味しく飲める季節です だんだんと気温も暖かくなってきて ...

2

4月に入り、ぐんぐん気温も上がってすっかり春になりましたね。 少し前まで雪が降ったりしていたのに、もう桜が散って新緑の季 ...

-コーヒーのレビュー

Copyright© コーヒーのおいしい話。 , 2018 All Rights Reserved.