コーヒーのおいしい話。

コーヒーに関するちょっと深くてイイ話。

コーヒー周辺機器 ピックアップ

おいしい水出しコーヒーの作り方 | HARIO (ハリオ) 水出し珈琲ポット

投稿日:2018年5月30日 更新日:

温かいレギュラーコーヒーも美味しいですが、

暑い季節に味わう冷たいアイスコーヒーは格別です。

 

夏を彩るドリンクの1つですが、

いざ美味しいアイスコーヒーを淹れようとハンドドリップから始めるのは、

少々億劫なのが正直なところ。

 

できれば冷たいレギュラーコーヒーを手間をかけずに

冷蔵庫でストックしておきたいですよね?

 

今、そんなニーズに応えるアイテムとして注目されているのが

コーヒー粉に水を注いで放置するだけの

お手軽な水出しコーヒーポットです。

 

今回は水出しコーヒーポットの中でも使い勝手がよく人気のある、

HARIO 水出し珈琲ポットをご紹介いたします!

 

 

水出しコーヒーの特徴

低温の水でゆっくりと抽出するので、

コーヒー豆本来の成分が熱で変成することなく水に溶け出します。

 

水そのものの味や風味もダイレクトに反映されるので、

好みの水を用意するのがポイント。

 

お湯での抽出に比べて抽出力は弱いので、

深めにローストした新鮮な豆を多めに使用すると、

しっかりとした風味のあるコーヒーを抽出できます。

 

HARIO 水出し珈琲ポットの解説と仕様

+ クリックで展開

HARIO(ハリオ)は東京に本拠を置く1921年創業の耐熱ガラスメーカーで、

V60シリーズなどで多くのコーヒーファンから親しまれています。

 

今回用意したのは出来上がり容量が1000mlのポットで、

約8杯分のコーヒーを用意できます。

 

水出しコーヒー 作り方

 

段ボールのパッケージには製品の使い方などが書かれています。

 

水出しコーヒー 作り方

 

パッケージを開封すると製品本体と簡単な説明書が封入されていました。

 

水出しコーヒー 作り方

 

製品は取っ手のついたポットと、

フタの付いたストレーナー(フィルター)に分解することができます。

 

ガラス製のポットは耐熱ガラス仕様となっています。

 

コーヒー粉を入れるストレーナーはポリプロピレンの枠に

ポリエステルのフィルターを接着したものになります。

 

一般的な1000ml容量のお茶の水出しポットに比べて若干背は高いですが、

家庭用サイズの冷蔵庫であれば収納に困ることはないでしょう。

 

今回紹介する1000ml容量のポットの他に、

背の低い600ml容量のポットもあります。

 

HARIO 水出し珈琲ポット 1000mlの製品仕様は下記となります。

製品仕様

  • サイズ:幅13.8×奥行9.4×高29.4×口径8.8cm
  • 本体重量:465g
  • 材質:本体/耐熱ガラス、フタ・ストレーナーフレーム・ハンドルバンド/ポリプロピレン、メッシュ/ポリエステル
  • 原産国:日本
  • 出来上がり容量:1000ml、8杯専用

 

HARIO 水出し珈琲ポットの使い方

それではHARIO 水出し珈琲ポットで、

1000mlの水出しコーヒーを作っていきます。

 

粉の入ったストレーナーを水に漬けておいて抽出するという仕組みなので、

1000mlより少ないコーヒーを作るのには向いていません。

 

1000mlが多いという方は、600ml仕様の水出し珈琲ポットを

用意するのがよいでしょう。

 

コーヒー豆を用意する

水出しコーヒー 作り方

 

80g (8杯分) のコーヒー豆を用意します。

 

深めにローストした新鮮な豆がベストです。

 

浅めのローストの豆や古い豆では、

酸味のきついコーヒーになりやすく、

オススメできません。

 

コーヒー豆を中細挽きにする

水出しコーヒー 作り方

 

お湯にくらべて水では抽出されにくいので、

細めに挽いていきます。

 

80gなので挽いていくと結構な量となります。

 

ストレーナーにコーヒー粉を投入する

水出しコーヒー 作り方

 

ストレーナーにスプーン等でコーヒー粉を入れていきます。

メッシュフィルターの最上部あたりまで入れます。

 

水を投入する

水出しコーヒー 作り方

 

粉全体が湿るように、

ドリップポットなどで少量ずつ注水していきます。

 

水道水のカルキの匂いが気になるなら、

ミネラルウォーター等を用意するのがよいでしょう。

 

粉に水が吸収されるため、

注水量は約1150mlが目安となります。

 

メッシュフィルターの最上部まで水に漬かったら終了です。

 

滴下に時間が掛かりすぎるのであれば、

豆の挽き具合が細すぎるので、

次回はもう少し粗めに挽きましょう。

 

冷蔵庫で8時間抽出する

ポットを冷蔵庫に入れて8時間放置します。

 

就寝前に注水して冷蔵庫に入れておくと、

朝には美味しい水出しコーヒーを楽しめます。

 

ストレーナーを取り出す

水出しコーヒー 作り方

 

8時間を目安に、

ポットからコーヒー粉の入ったストレーナーを取り出します。

 

ストレーナーを長時間入れっぱなしにしておくと、

想定外の雑味や酸味の元となりますので、

忘れずに取り出しましょう。

 

出来上がり!

水出しコーヒー 作り方

 

さあ、美味しい水出しコーヒーができあがりました!

 

ストレーナーを取り出したので目減りしたように見えますが、

約1000mlの水出しコーヒーが完成しました。

 

水出しなので抽出してから2〜3日で飲みきることをオススメします。

 

  • コーヒー豆のロースト具合
  • 挽き具合
  • 抽出に使う水
  • 冷蔵庫で放置する時間

 

これらによって、

濃度や風味が変化しますので、

試行錯誤して調整していきましょう。

 

水出しコーヒーを味わう

水出しコーヒー 作り方

 

それではHARIO 水出し珈琲ポットで抽出した

水出しコーヒーを味わってみます。

 

まずは氷やシロップ、ミルク等は入れずに

冷たいままダイレクトな味わいを確かめます。

 

香りですが、

深めのローストの豆を使用したこともあり、

冷たいのにレギュラーコーヒーならではの、

香ばしい香りを感じます。

 

ひとくち口に含むと、

しっかりと濃厚な風味の味わいが広がります。

 

酸味はほどよく抑えられ、

スッキリとした飲み口で美味しいです。

 

お湯で抽出したレギュラーコーヒーが冷めた場合、

酸味を強く感じてしまいますが、

それがありません。

 

また水そのものが強く主張してくるので、

やはり氷やミルク、シロップ等でアイスコーヒーにアレンジしていただくのが

ベストかもしれません。

 

水出しコーヒー 作り方

 

ということで、3層アイスカフェオレに仕上げました。

 

ん〜、これは旨い!

 

ほどよい苦みがフォームミルクの甘さを引き立て、

コーヒーとミルクの風味を存分に味わえます。

 

また水から抽出したので氷との馴染みがよく、

氷が溶けても水っぽさをあまり感じません。

 

今回はフォームミルクでアレンジしてみましたが、

スタンダードにガムシロップとミルクでも、

十分に美味しいアイスコーヒーになりました。

 

水出しコーヒーは夏の冷蔵庫に必須のアイテムですね!

 

HARIO 水出し珈琲ポットのメンテナンス

抽出後に取り出したストレーナーをすぐに洗浄することで、

着色汚れ等を防ぐことができます。

 

水出しコーヒー 作り方

 

まずは使用済みのコーヒー粉を廃棄しましょう。

 

水出しコーヒー 作り方

 

ストレーナーの底の部分はキャップ状になっており、

回転させると外れるので清掃しやすくなります。

 

ストレーナーのフィルター部分は傷つきやすいので、

鋭利なマドラーや固い清掃器具は使用しないようにしましょう。

 

またスポンジ等でストレーナー内部を強く擦ると、

枠とフィルターの接着部分が剥がれる恐れがあるので、

流水での流し洗いを基本に、

優しく洗浄することをオススメします。

 

本体ポットの着色汚れが気になる場合は、

少量の台所用洗剤を含ませた柄の長いブラシ等で、

破損に注意しながら洗浄しましょう。

 

 

おすすめ記事

1

暑い季節に楽しみたいのがアイスコーヒー。   うだるような天候のときには、 できればお手軽に楽しみたいですよね ...

2

    痩せていても危険!? 隠れ高血糖の罠     太ったわけでもないのに、 ...

3

朝の1杯をコレにするだけで、 驚きのダイエット効果が得られると シリコンバレーのIT企業家やセレブのあいだで話題となり ...

-コーヒー周辺機器, ピックアップ

Copyright© コーヒーのおいしい話。 , 2018 All Rights Reserved.