コーヒーのおいしい話。

コーヒーに関するちょっと深くてイイ話。

コーヒーの豆知識

サンマルクカフェの歴史

投稿日:2018年2月3日 更新日:

はじめに

サンマルクカフェ 歴史

http://www.diamor.jp/

今回はサンマルクカフェの歴史について紹介していきます。

 

現在東京都内は勿論、大阪、横浜、福岡、札幌などの主要都市に必ず展開しており、独自の顧客を掴んでいるカフェチェーンです。

 

ここ10年間で多くの店舗が各地に進出したおかげでたちまち国民に浸透しました。

 

手頃で美味しいコーヒーは勿論、軽食としてチョコクロワッサンを始めとした焼きたてのパンも楽しめる点が売りとなっています。

 

ベーカリーレストランが原点だった

サンマルクカフェ 歴史

 

サンマルクカフェは現在サンマルクホールディングスが母体となり経営を行っていますが、岡山県にあった株式会社大元サンマルクが大元の会社となります。

 

大元サンマルクは89年に設立され、洋食を中心に提供するベーカリーレストラン・サンマルクを経営。

 

地元岡山県の方々に愛されるファミリーレストランとなりました。

 

90年になり、会社名を株式会社サンマルクに変更。

 

それから数回にわたり会社を吸収合併し、規模を広げていきます。

 

そして99年になると株を店頭販売。

 

この頃から岡山市にスパゲティ店「生麺工房鎌倉パスタを開業。

 

これを皮切りに系列店を次々に展開していきます。

(系列店は下記にて紹介)

 

2002年になるとサンマルクの株は東京証券取引所にて上場2部、2004年には上場1部へと指定変えしました。

 

子会社のプライム・タイムを吸収合併した2005年に東京証券取引所において上場を廃止します。

 

そして2006年になるとサンマルクホールディングスに株式交換し、サンマルクはその完全子会社として現在に至ります。

 

サンマルクホールディングスには株式会社サンマルクの他に

 

株式会社バケット

株式会社函館市場

株式会社鎌倉パスタ

株式会社サンマルクチャイナ

株式会社サンマルクカフェ

 

上記5社が存在し、様々な種類の飲食店を展開しています。

展開する国は日本国内がメインですが中国にも店舗を進出している大企業です。

 

1999年 カフェサンマルク1号店誕生

サンマルクカフェ 歴史

http://blog.livedoor.jp/superchannel

 

サンマルクカフェの1号店が誕生したのは1999年の3月

2018年現在から遡ること約20年前でした。

 

本社を岡山に置きながら1号店は東京都内中央区にて開店。

 

上記したとおり1999年はまだ分社化されておらず株式会社サンマルクが経営するベーカリー・カフェでした。

 

この頃、大手外資系カフェチェーン店のスターバックスコーヒーもじわじわと日本国内で展開している時期でしたので両者は同じ時期に日本国内に進出していったということが分かります。

 

つまりこの頃から日本国内でカフェブームが流行り出したのです。

 

サンマルクカフェってどんなお店?

サンマルクカフェ 歴史

https://tabelog.com

 

カフェにとどまらず飲食店にはそれぞれお店の「コンセプト」というものが存在します。

 

サンマルクカフェのコンセプトはセルフ式だけど焼きたてのパンが食べられるカフェということで、コーヒーだけでなく軽食として焼きたてパンも楽しめるお店となります。

 

サンマルクカフェのパン

サンマルクカフェ 歴史

https://tabelog.com

 

主力商品は冒頭でも紹介しましたチョコクロワッサン

 

板チョコを包んで焼き上げたクロワッサンは女性を中心に大人気となり都心ではちょっとしたお土産の定番となりました。

 

またパンに関しては菓子パン惣菜パンもあり、様々な種類のパンを焼きたてで楽しむことができます。

 

サンマルクはもともとベーカリーレストランを経営している会社ですので、美味しいパンを焼く技術には長けているのです。

 

パンの焼き方には拘りがあり、石窯から発する遠赤外線を利用してじっくりと焼き上げます。

遠赤外線を使用する理由はパンの芯まで熱が通り、乾燥を防ぐためです。

 

現在サンマルクカフェの各店舗では同社が開発した、石窯をも超えるともいわれる窯を使用して柔らかく上質なパンを提供しています。

 

コーヒーへのこだわり

サンマルクカフェ 歴史

https://tabelog.com

 

コーヒーに関しては決して作り置きはせず、オーダーが入ってから豆を挽いて淹れるというこだわりよう。

 

バタバタする日常で少し休憩を取るために入っただけのカフェでも、せっかくなら美味しいコーヒーを飲みたいものですよね。

その願いを叶えてくれるのがサンマルクカフェなのです。

 

勿論入れ方だけでなく、コーヒー豆にも拘っています。

 

提供するコーヒーにはブラジルエチオピアホンジュラスコロンビアインドネシアの5種類の豆をブレンド。

 

やや深入りにしており、苦味の中にほのかな酸味が加わり、最後に微量の甘みも残ります。

コーヒー通の方もきっと楽しんでいただけるのではないでしょうか。

 

コーヒーの種類はブレンドアメリカンカフェラテがあり、価格帯もブレンドはS200円、M250円、L300円とお手頃です。

 

美味しいコーヒーをお手頃価格で楽しみたい方にはうってつけのお店なのではないでしょうか。

 

店舗数は全国で397店舗!!

都心や主要都市では頻繁に見かけるサンマルクカフェですが、都市部から離れるとどうしても店舗数が減ってしまう傾向にあります。

 

ドトールやスターバックスコーヒーと比較してしまうと店舗数が少ないのは仕方のないことですが、

 

現在サンマルクカフェは全国で397店舗展開してします。

しかし都市部だけでこれだけの数の店舗を展開するのは非常に難しいこと。

 

ドトールやスターバックスは都市部から離れた地域にも店舗を置いています。

しかも、地方になると客足にもばらつきがあるためすぐに撤退するケースもあります。

 

しかし都市部ではそのリスクを軽減できます。

サンマルクカフェは都市中心に的を絞り、無駄のない事業展開をしていると言い換えることができるのかもしれません。

Copyright© コーヒーのおいしい話。 , 2018 All Rights Reserved.